肉類を好む食事をする人が多くなっている一方で、塩分過多などにより高血圧になる人が急上昇しているようです。 高血圧が高い状態が続くと、健康に悪影響がでることも…。

栄養素を知って、血圧を下げることを心がけましょう。

【お勧めはフコイダン!】高血圧予防に役立つ栄養

  • 血圧を上げることは避ける

    血圧を上げることは避ける

    生活の中、ちょっとしたことでも上昇を見せる血圧ですが、高血圧の状態が続くと恐ろしい疾患を引き起こす可能性があり、要注意とされています。

  • 血圧を下げる成分の重要性

    血圧を下げる成分の重要性

    高血圧になると、生命に関わる疾患を発症するリスクが高まってしまうため、普段から血圧を上げないことや下げるための食習慣が重要なんだとか。

  • イチオシの注目成分は…?

    イチオシの注目成分は…?

    血圧に作用する成分は数多くありますが、近年注目されているのはフコイダンという成分です!医薬品としても利用され、健康維持におススメです!

 
 

高血圧になる要因には、遺伝や運動不足、ストレス、飲酒などが挙げられています。

しかし、本質的な原因は不明とされており、生活習慣と関係があるということくらいしか解明されていないんだとか。

血圧を下げる栄養素を知っておくと、健康維持に役立つことと思います。

【これで血圧が調整できる】普段から取り入れておくと◎

血圧とは、心臓から排出された血液が血管壁を押して広げようとする力(圧)のことを言うそうです。この力は、心臓から送り出される血液量や血管の頑丈さなどによっても変わってくるとも言われています。
心臓からの拍出量が大きくなれば、血管壁を押し出す力が強くなるため血圧は上昇を見せるそうです。反対に、拍出量が少なくなり、血管への抵抗が小さくなると血圧は低下するようです。

血圧は、健康状態を数値で示す指標ともなっており、正常とされる範囲(医療機関で測定140-90mmHg、自宅での測定135-85mmHg)を大きく上回った状態や下回った状態を高血圧といい、なんらかの身体症状を引き起こす可能性を含んでいます。

高血圧とは、血圧の基準値から脱した状態をいい、生活習慣病の一つに指定されています。
肥満や喫煙、塩分の過剰摂取などによって発症する本態性高血圧と、甲状腺疾患や妊娠高血圧症候群など他の病気から発症する二次性高血圧に分けられています。
高血圧になったことで生じる症状は、めまいや動悸、頭痛や息切れなどが挙げられますが、これらの症状は他の病気でも生じることが多いので、高血圧だと分かる自覚することは薄いようです。

しかし、高血圧は放置しておくと、脳血管疾患や心疾患などを発症するリスクが高めることになるため、生活習慣などに気をつけなければならないそうです。

高血圧を下げる栄養素を紹介していきたいと思います。

血圧を下げるマグネシウム

マグネシウムは、歯や骨を構成するための重要な成分であり、約5〜6割ほどは骨に含まれているそうです。
体内に存在するマグネシウムが不足すると、蓄えていた分を骨から遊離し、血圧の維持や神経の興奮を抑制する働きをするとされています。
しかし、不足した状態が長期間続くと、心疾患や糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まる可能性もあるとされていますので、マグネシウムを多く含んでいる食品(胡麻・ひじき・インスタントコーヒー・大豆など)を日頃の食事から効率よく摂取するよう心がけると良いとそうです。

また、マグネシウムか血圧を低下させる作用を持っているとされています。特にカルシウムと拮抗する作用を持ち併せているそうです。
カルシウムは細胞に吸収される際に血管を収縮させ、血圧を上げようとするようですが、マグネシウムはそれを抑止し、血管を弛緩させて血圧を下げる働きをするんだそうです。

独特な苦味成分が特徴のタンニン

タンニンとは、植物である樫の皮などに含まれている水溶性成分を言い、難溶性の塩分を構成する性質を持った化合物の総称として知られている成分でもあります。たんぱく質や金属イオンなどと結合する特徴があり、結合すると水に溶けにくくなるようです。

縮合型タンニンと加水分解性タンニンに大別することができ、縮合型タンニンはカテキンなどの複数の化合物と結合した構造を持っているそうです。また、加水分解性タンニンは、酸加水分解される性質があるタンニンとされています。どちらのタンニンも、分子内に多価フェノール性水酸基を持っており、ポリフェノール化合物に含まれるそうです。

タンニンは食品の渋み成分であり、抗酸化作用や殺菌作用、高血圧や動脈硬化などを予防する効果があると期待されています。

抗ガン作用が期待されるフコイダン

フコイダンとは、海藻類の表面に感じられるヌメり成分を言い、現在ではがん疾患治療に注目されている成分です。
複雑な構造をしているために、研究材料として取り上げられることがなかった食材でもありました。

アポトーシスという細胞の消滅機能が効かなくなった異常細胞を、消滅に導くように抗がん作用があるとされていて、医療機関では治療に利用されているんだとか。その他にもコレステロールの抑制や整腸作用、血圧上昇の抑制効果などがあるとされており、食物繊維で腸の働きを整えたり、塩分の排出を助けたりしてくれるようです。
また、コレステロールの吸収を抑制して中性脂肪に変わるのを防いだり、活性酸素の働きを抑えて体内の老化を防ぐ働きをしてくれるとされ、痩身高価にも期待が集まっているそうです。

フコイダンについて調べているうちに、あることが分かってきました。
そのあることとは…日常的な摂取は健康維持に役立ち、疾患の予防にも役立つということです。医療現場でも注目されているフコイダンについて紹介されているサイトを見つけましたので、興味のある方は参考にしてみてください。

ヌメり成分に秘密がある!フコイダンの健康効果 

健康効果が注目されているフコイダン バイタルモア

フコイダンは、藻類の表面に感じるヌメりであり、天然成分のことです。 健康を維持するための効果が多く、医療に期待度の高い成分として注目されています!

ナトリウムの調整役を務めるカリウム

カリウムとは、筋肉細胞や骨、内臓に存在し、神経などの働きを整える身体に必要なミネラルの一つとされています。体内のナトリウムを調整する役割を持っていて、過剰に増加したナトリウムを体外に出して、血圧を低下させてくれるそうです。
しかし、カリウムが不足すると筋肉の働きなどが悪くなり、ナトリウムに対する働きも正常に機能しなくなんだとか。そうなると血圧が高い状態が続き、脳卒中や不整脈、心疾患などを引き起こすリスクが高まることに…。

カリウムは野菜や緑茶、豆類などの植物性食品に多く含まれているため、栄養バランスのとれた食事を心がけ、カリウムが不足しないように気をつけましょう。

カルシウムが不足すると高血圧に!?

高血圧の大半は、塩分(ナトリウム)の過剰摂取によるものが原因とされてるようですが、実はカルシウムが不足することでも高血圧は発症するそうです。
体内(血液内)のカルシウムが不足すると、骨の中に蓄積されていたカルシウムが血液内に溶け出してしまいます。筋肉内にカルシウムが増えると血管の収縮が起こおり、狭くなった血管内を押し広げて通ろうとするため、血圧が上昇することになってしまうようです。

さらにナトリウム増加は、カルシウムを体外へ排出して不足状態を作り出してしまい、高血圧を助長させることにもなるそうです。
医療機関では、高血圧の治療としてカルシウムの摂取を促すことがあるそうです。それによって改善するケースもあり、一定量のカルシウムを体菜に保つことも重要と言えるようです。

ページ先頭

高血圧
血圧の仕組み | 高血圧とは | 高血圧の原因 | 肥満とメタボリックシンドローム | 高血圧を放っておくと・・ | 高血圧の検診・検査
食生活の改善 | 血圧を調整する栄養素 | 適度な運動と生活改善 | 高血圧の薬について
妊娠高血圧症候群 | 血圧検査について | 意外と知らない緑茶パワー | 塩分で高血圧になるメカニズム