血圧検査

血圧検査について

家庭での血圧検査は1回の数値で高い、低いという事を決めるのではなく、ある程度の期間の平均値と数値のばらつき具合などによって決めます。測定日、測定時刻の記録も大切です。心拍数など、他の情報も測定できるのであれば、記録として残しておいたほうが良いでしょう。

自分でできる血圧検査

家庭血圧

血圧検査は病院だけで行なわれるものではありません。ご家庭や健康センターなどでも簡単にできる全自動の血圧検査計があります。測定の手順と言う上では病院や診療所で行なうのが一番正確ですが、仮面高血圧と白衣高血圧など、診療所で測定すると平常よりも極端に高い、あるいは低いといった現象が現れることもありますので、家庭での血圧検査も重要な意味を持っています。

家庭用血圧計の種類

家電量販店などで購入できるカフ-オシロメトリック法という測定方法の血圧計ですが、ご購入の際には選び方に注意が必要な点があります。それは、測定するときに圧力をかける、カフという帯状の測定器をつける部位についてです。手首や指などにつけて測るタイプのものがありますが、より効果的な数値を測定したいのであれば、心臓に近い部分で測るもの、つまり腕にカフを巻くタイプが進められています。

正しい血圧の測り方

血圧検査

過程で血圧を測定する際は、長期間測定し評価することが大切です。測定する時刻は朝と夜で、朝は起きてから1時間以内、排尿後、朝食前、座わって1,2分間安静にし、測定します。薬を処方されている方は服薬する前に測定します。夜は就寝前で、こちらも座わって1,2分間ほど安静にしてから測定します。

測定については、リラックスして行なうことが大切です。カフを巻く腕は力が入らないように、テーブルや机の上に伸ばして行ないます。高さは心臓と同じ位置で測ることが勧められています。腕の筋肉をリラックスするために、クッションを置くのもよいでしょう。
測定する腕は、左右のどちらかにあらかじめ決めます。通常は利き手側では無いほうの腕で測りますが、左腕と右腕の数値に大きな差が出る場合には、より高い数値のでる腕のほうを診断の基準とします。

これを長期間、一定頻度で行なうのが望ましいです。血圧が気になる方であれば1週間に3〜5日、もしくは毎日測定して、記録をとっていきましょう。

家庭血圧の診断基準

家庭血圧の数値は複数回の数値の平均で判定します。血圧は環境や時間により変動しやすい数値ですので、一回ごとの数値で一喜一憂できないものなのです。一定期間、持続して測り、その平均値を求めることで判断します。

家庭血圧での高血圧の基準は、病院で測定する外来血圧より低いラインで設定されています。診断基準は収縮時血圧135mmHg、拡張期血圧80mmHg以上の場合、血圧が高い状態と判定されます。また、拡張期血圧が85mmHg以上の場合は確実な高血圧と診断されます。尚、収縮時血圧125mmHg、拡張期血圧80mmHg未満であれば正常範囲内とされていて、さらに拡張期血圧が75mmHg未満であれば問題なく正常血圧の範囲内と判断できますので、これらの数値を目標に予防、対策を行なっていきましょう。

  最高血圧 最低血圧
確実な正常血圧 125mmHg未満 75mmHg未満
正常血圧 125mmHg未満 80mmHg未満
高血圧 135mmHg以上 80mmHg以上
確実な高血圧 135mmHg以上 85mmHg以上

平均値と標準偏差の計算方法

血圧検査

家庭血圧で測定した値は、平均値と標準偏差によって判断できます。平均値についてはご存知かと思いますが、標準偏差とは、数値全体のばらつき具合、つまり平均値からプラスマイナスどれくらいの散らばりがあるのかを示す値です。平均値が130だったとしても、標準偏差がプラスマイナス10であった場合、日常、高血圧の状態のときがある可能性が見えてきます。

平均値の計算方法についても、広くご存知かと思います。一般的に平均値と呼んでいるものは、厳密にいうと「相加平均」と呼ばれるものです。例えばA、B、Cという測定値があった場合、ABCを足したものを個数、つまりここでは3で割ることで求められます。

平均

一方、標準偏差の計算方法は少し複雑です。標準偏差は数値と相加平均の差を二乗した値を、すべての数値について足して個数で割り、最後に平方根を計算することで求められます。具体的にA、B、Cの例で見てみましょう。

標準偏差

電卓などでもできる計算ですが、数値の個数が多くなるとなかなか面倒なものです。パソコンの表計算ソフトなどを使用して、記録、計算するのが良いのではないでしょうか。ちなみに、マイクロソフトの表計算ソフト「Excel」では、平均値は「= AVERAGE(数値A, 数値B, 数値C,)」、標準偏差は「= STDEVP (数値A, 数値B, 数値C,)」と入力すれば計算をしてくれます。

血圧検査ができる場所

最近では、家で簡単に測定できる家庭用の血圧計も家電量販店などで販売されています。その他、自治体の区役所や健康センター、保健管理センター、市民センターなどにも、全自動の血圧計が設置されていて測れることが多いです。もし開放されていれば、公立の学校などでも設置されている場所もあります。

ページ先頭

高血圧
血圧の仕組み | 高血圧とは | 高血圧の原因 | 肥満とメタボリックシンドローム | 高血圧を放っておくと・・ | 高血圧の検診・検査
食生活の改善 | 血圧を調整する栄養素 | 適度な運動と生活改善 | 高血圧の薬について
妊娠高血圧症候群 | 血圧検査について | 意外と知らない緑茶パワー | 塩分で高血圧になるメカニズム