妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群

妊娠というものは、身体に大きな負担がかかるので、高血圧症のリスクを秘めている人ほど、妊娠高血圧症候群になりやすいと言われています。妊娠時の糖尿病についても同様の事が言えます。普段から健康的な生活を送ることが大切ですし、また、出産後にもこれを気に健康を考えた生活習慣を心がけるようにしましょう。

妊娠高血圧症候群の症状と定義

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群(PIH)とは、妊娠中に起こる高血圧症の事で、主に妊娠して20週目以降から見られ、出産後でも12週目まで続く場合もある疾患のことです。妊婦さんの10人に1人は発症する可能性があると言われており、重症の場合には帝王切開による早産も避けられず、最悪の場合、死に至る危険性もあるとても恐ろしい病気です。妊娠中あるいは出産時の死亡原因の上位に位置するとも言われています。

主な病状により分類が分かれており、高血圧のみのものは「妊娠高血圧」、高血圧とたんぱく尿を併発するものが「妊娠高血圧腎症」、妊娠前、もしくは20週目以前に高血圧症であり、妊娠後期に血圧が悪化、もしくはたんぱく尿が表れた場合は「過重型妊娠高血圧腎症」、痙攣発作を伴うものは「子癇(しかん)」と呼ばれます。一番多いのは蛋白尿と併発する「妊娠高血圧腎症」です。

妊娠中毒症とは違う?

妊娠中毒症

元々は「妊娠中毒症」と呼ばれていた病気であり、2005年度から名前が改められました。定義も変更され、妊娠中毒症では妊娠後期に高血圧、淡白尿、むくみ(浮腫)のいずれかひとつ以上を発症した場合とされておりましたが、妊娠中毒症ではむくみの項目がはずされ、高血圧症が重要視されています。妊娠中の浮腫については、軽いものも含めると妊婦さんの半数近くが経験するものと言われておりますが、診断項目から外されたとしても妊娠高血圧症候群のサインのひとつであることに変わりはありません。初期の自覚症状が無いことが高血圧の恐ろしいところですので慢性的なむくみには注意が必要です。

妊娠高血圧の原因とは?

妊娠高血圧症候群の直接的な原因については、今なお研究段階であり、子宮の動脈や胎盤の血管の収縮、あるいはアレルギー反応などにより動脈硬化が促成されると言う説などがありますが、明確な結論は出ていません。

但し、妊娠高血圧となる危険性が高い状態というものがあります。まず妊娠以前から肥満傾向である方は発症リスクが高いです。妊娠中の体重増加とはほぼ関係がないといわれています。また、ストレスを受けやすい環境や、過労、睡眠不足の方も来たしやすいとされており、注意が必要です。

妊娠中の食事に気をつける

妊娠高血圧症行軍の予防は、高血圧の予防とほぼ直結します。まずは塩分の摂り過ぎに注意しましょう。成人女性の食塩摂取目標は一日に8g未満となっておりますので、妊娠中においてもこの制限目標を目指しましょう。また、既に高血圧である方は、6g未満に抑えることが良いでしょう。但し、少なすぎると逆に別の問題が発生しますので、適量を心がけましょう。過度の飲酒や喫煙ももちろん大きな悪影響を及ぼします。

また、重要なのは十分に休養することです。体重増加を気にしたダイエットも逆効果でしかありません。十分な睡眠時間をとり、ストレスは溜めず、リラックスして過ごすことが妊婦さんにとてとても大切なことです。その為には、ご家族をはじめ周りの方の協力も必要です。

妊娠高血圧症候群の治療

妊娠高血圧

妊娠高血圧症候群の治療は、まず食事療法と休養が必要です。栄養バランスが良く、塩分摂取も適量を心がけた食生活と、ストレスをためないこと、睡眠、適度な運動も効果的でしょう。

生活習慣の修正で改善が認められない場合、降圧薬や点滴治療も必要となる場合があります。妊娠中の投薬は多からずとも胎児に影響がありますので避けたいところですが、命の危険性を考えると避けられません。母子ともに緊急な危険性がある場合には帝王切開による早期出産となる可能性もあります。

ページ先頭

高血圧
血圧の仕組み | 高血圧とは | 高血圧の原因 | 肥満とメタボリックシンドローム | 高血圧を放っておくと・・ | 高血圧の検診・検査
食生活の改善 | 血圧を調整する栄養素 | 適度な運動と生活改善 | 高血圧の薬について
妊娠高血圧症候群 | 血圧検査について | 意外と知らない緑茶パワー | 塩分で高血圧になるメカニズム