薬(降圧薬)

高血圧の薬について

高血圧治療薬降圧薬)による治療は、リスクに応じて段階的に行なわれます。治療薬の選択は併発している疾患(心臓疾患、腎臓疾患、糖尿病)などを見て行なわれ、一般的には血管拡張薬、またはARBかACE阻害薬、または利尿薬かのいずれかひとつから開始して、経過を見て十分な改善が認められない場合に増量、あるいは2種類ないし3種類の治療を行なっていきます。

Ca拮抗薬(血管拡張薬)

降圧薬

カルシウム拮抗薬(カルシウムきっこうやく)は、筋肉が収縮することに重要なカルシウムイオンチャネルをブロックすることで、血管の筋肉の活動を弱め拡張し、血圧を低下させる薬です。比較的効果が早く、狭心症の治療にも用いられます。但し、グレープフルーツや柑橘類に含まれるフラノクマリン類という成分に排泄が阻害され、血液中の濃度が上昇する影響があり、食事には注意が必要です。尚、Ca拮抗薬をCCBと呼ぶ場合もあります。

副作用例 足のむくみ、顔のほてり、頭痛、動悸、立ちくらみ
商品名例 ランデル、ノルバスク、アムロジン、アダラート、ヘルベッサー、コニール、ワソラン、ペルジピン、カルブロック、アテレック、カルスロット、ベック
禁忌例 徐脈(一部のCa拮抗剤について)、妊娠
慎重投与例 心不全

ARB

ARB(アンジオテンシン受容体拮抗薬)は、アンジオテンシンIIという昇圧作用のあるホルモンと、その受容体の結合をブロックすることで、働きを阻害し血圧を下げる薬です。似た効果のものにACE阻害薬がありますが、ARBは咳の副作用がありません。腎臓への負担を緩和させる働きがありますが、その分、腎臓機能が低下する点には必要です。アンギオテンシン受容体拮抗薬と呼ばれる場合もあります。

副作用例 かゆみ、むくみ、腎機能の悪化(一過性)
商品名例 ブロプレス、ディオバン、ニューロタン、ミカルディス
禁忌例 妊娠、高カリウム血症
慎重投与例 腎動脈狭窄症

ACE阻害薬

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬は、昇圧作用の無いアンジオテンシンIを昇圧作用のあるアンジオテンシンIIに変換する「ACE」を阻害することで血圧を下げる薬です。安価であり、糖尿病、腎疾患と併発している場合などでも多く用いられます。ARBと同様、腎機能の低下と、副作用として空咳を伴うことが多いです。尚、ACE阻害薬はACEIと呼ばれる場合もあります。

副作用例 空咳、むくみ、味覚障害、腎機能の悪化(一過性)
商品名例 ノバック、オンフルール、レニベース、タナトリル、ロンゲス、カプトリル、アデカット、コナン
禁忌例 妊娠、血管神経性浮腫、高カリウム血症
慎重投与例 腎動脈狭窄症

利尿薬

利尿薬は、尿となる体内の過剰な水分量を増やし、排出を増加させる薬です。体内の水分の減少により、血液量を減少させることで血圧を下げる働きがあります。また、その過程でナトリウムも排泄します。但し、血糖値を増加させる為、糖尿病の場合は注意が必要で、尿酸値も増加させるため通風患者には禁忌とされています。

副作用例 尿酸値の上昇、血糖値の上昇
商品名例 ラシックス、ダイアモックス、ダイクロトライド、アルダクトンA、ダイアート、フルイトラン、ルプラック
禁忌例 痛風、低カリウム血症
慎重投与例 妊娠、耐糖能異常

β遮断薬(交感神経抑制薬)

β(ベータ)遮断薬は、心臓の活動を和らげ、血圧を低下させる薬です。血圧、心拍数をあげる興奮物質アドレナリンの受容体の変換を抑えることで、血中への放出を抑制する働きがあります。交感神経抑制薬には他に、α(アルファ)遮断薬がありますが、こちらは動脈への作用を抑えて、血管を拡張し血流を改善する働きがあります。

副作用例 徐脈、立ちくらみ、心機能の低下、喘息の悪化
商品名例 リステリア、インデラル、テノーミン、ミケラン、アテノロール、アルマール、メインテート、塩酸プロプラノロール、アンブロス、セロケン、タグ、ストローク、ハジメ、ジゼル
禁忌例 喘息、高度徐脈
慎重投与例 耐糖能異常、閉塞性肺疾患、末梢動脈疾患
ページ先頭

高血圧
血圧の仕組み | 高血圧とは | 高血圧の原因 | 肥満とメタボリックシンドローム | 高血圧を放っておくと・・ | 高血圧の検診・検査
食生活の改善 | 血圧を調整する栄養素 | 適度な運動と生活改善 | 高血圧の薬について
妊娠高血圧症候群 | 血圧検査について | 意外と知らない緑茶パワー | 塩分で高血圧になるメカニズム