高血圧&症状

高血圧を放っておくと・・

高血圧症などの生活習慣病は、特定の症状や自覚症状が無いまま進行する為、検査をして始めて気がつくことがほとんどです。その為、健康的な生活習慣や体調管理を普段から心がけ、そして血圧測定や検査などの危機管理を行なっていくことが重要となります。高血圧症については特に、目に見える症状がでてからでは遅いのです。

高血圧の症状

症状

通常、高血圧症は自覚症状を伴わないことが多いですが、症状のひとつとして頭痛を覚える場合もあります。その他、鼻出血、不整脈や耳鳴り、動悸、けいれんなどを伴う場合もあり、慢性的にそのような症状を覚える場合は高血圧の可能性もあります。もちろん、他の要因によって起こっている可能性もありますが、早期に医師の診断を受けることがよいでしょう。

動脈硬化

高血圧の症状で一番怖いのが動脈硬化です。動脈硬化症は心臓疾患、脳血管障害などのさまざまな合併症を起こす引き金となります。糖尿病などと併発すればなおさらその危険は高まります。また、高血圧は動脈硬化を促成し、動脈硬化もまた高血圧を促成するという悪循環に陥る可能性もあります。

高血圧の合併症

合併症

高血圧症により動脈硬化症が引き起こされると、心臓や脳の疾患、腎不全や動脈瘤などの合併症を引き起こすリスクが非常に大きくなります。早期に発見し治療することが最善ですが、前述の通り、自覚症状が無いまま病気が進行する場合も多くあります。高血圧によって起こる様々な病気を知り、合併症の予防を行いましょう。

心不全

心不全

心不全とは心拍機能が十分に保てない状態となる心筋症や心臓弁膜症などの心臓病の総称です。全身に必要な量の血液を回すことが出来なくなり、初期には疲れやすい、息切れ、むくみなどの症状が表れることがあります。また、急性の心不全では不整脈や動悸、胸の痛み、めまいや失神などの症状が表れ、呼吸困難や狭心症、心筋梗塞を伴う可能性もあります。また、高血圧症に伴って心臓に負荷がかかることによる心肥大、心臓肥大によっても心不全が起こる場合もあります。

狭心症

狭心症とは、心臓に酸素を供給している血管(冠動脈)に血流がまわらない状態となる虚血性心疾患と呼ばれる心臓病のひとつです。多くの場合、動脈硬化により血栓ができ、血管が詰まってしまうことに原因があります。胸の痛みや圧迫感、動悸や息切れ、不整脈、むくみなどの症状があらわれます。狭心症には身体を動かしたときのみ症状がでる労作性狭心症、安静にしていても症状がでる安静時狭心症があり、病気が進行して心臓の筋肉が「えし」してしまうと心筋梗塞となります。

脳卒中

脳卒中

脳卒中とは脳梗塞や脳出血などにおいて急性で顕著な症状を伴う脳血管障害を言います。脳梗塞とは、脳に酸素と栄養を供給している血管がふさがれることにより、脳が貧血状態となる疾患で、日本での発生頻度が高く、また脳と言う部位によることから後遺症が残ることも多く、極めて中止しなければいけない病気のひとつです。高血圧症によって起こる脳出血や脳溢血(のういっけつ)を高血圧性脳内出血と言います。脳梗塞、脳出血の原因は主に高血圧症であることが多く、脳血管障害の予防が高血圧の予防が重要となります。

ページ先頭

高血圧
血圧の仕組み | 高血圧とは | 高血圧の原因 | 肥満とメタボリックシンドローム | 高血圧を放っておくと・・ | 高血圧の検診・検査
食生活の改善 | 血圧を調整する栄養素 | 適度な運動と生活改善 | 高血圧の薬について
妊娠高血圧症候群 | 血圧検査について | 意外と知らない緑茶パワー | 塩分で高血圧になるメカニズム