高血圧&原因

高血圧の原因

高血圧の分類として、特に明確に何かの疾患により起こる二次性高血圧ではなく、生活習慣によって引き起こされる本態性高血圧の場合、その原因はひとつではなく、様々な要因が組み合わさって起こることがほとんどです。総合的な生活改善を行なう必要があるでしょう。

高血圧の原因は様々

高血圧の原因

血圧が高くなるのは、ナトリウムの過剰摂取か、あるいは、主に身体により血液が足りないと判断され、心臓にもっと血液を送るように指示されることが原因となります。そのメカニズムとして、以下のような要因があげられます。

動脈硬化

動脈硬化は血圧の上昇と密接な関係があります。血管が硬くなり、柔軟性、弾力性が無くなると、血管で溜めておける血液が減少し、心臓はもっと血液を送るよう活動します。

血液の粘度(ドロドロ血液)

粘度の高い、いわゆるドロドロ血液の場合、血管の中の流れが悪くなり、円滑に身体へ血液が回らなくなります。もっと身体に回るよう心臓が血液を流し、血圧が上昇します。

ホルモン異常

二次性高血圧に多いですが、ホルモンの異常により血圧が上昇する場合もあります。異常分泌されるホルモンによっては、逆に低血圧となる場合もあります。

食事での原因

塩分・アルコール
食事

食生活は高血圧のリスクを高めやすく、また、改善の余地が多い原因のひとつです。特に日本人は漬物など、塩分の高い食事を好む傾向もありますし、お酒を飲まれる方は塩辛いおつまみも沢山食べてしまいがちになるので気をつけましょう。

塩分の過剰摂取

食塩、つまりナトリウムの過剰摂取は血液量を増加させ、高血圧を来たす原因のひとつです。成人であれば、10g以下が目標とされています。

アルコール

飲酒は少量であれば改善効果も期待できますが、大量のアルコールを習慣的に摂取することは血圧上昇のリスクを高めることになります。

生活習慣による原因

運動不足・喫煙・ストレス
生活習慣

高血圧原因は、生活習慣、ライフサイクルにも潜んでいます。不規則な生活はもちろんのこと、運動不測、喫煙、また、ストレスを溜めることも重大なリスクとなりえます。これらの生活習慣は高血圧に限らず他の疾患の原因ともなりやすく、改善することが良いでしょう。

運動不足

適度な運動は心肺機能や身体全体の機能を鍛えます。また、肥満の防止やストレス発散効果も期待できますので、予防として行なっていきましょう。

喫煙

タバコは高血圧症、及び他の疾患を引き起こす原因です。ニコチンには血管を縮め、血圧を上昇させる働きがあり、その中毒性も問題となっています。

ストレス

ストレスを感じると、生理反応としてホルモンが分泌され、血圧が上昇します。慢性的なストレスを受けた生活は大きな原因のひとつと言えるかもしれません。

身体的原因

年齢・肥満・遺伝
肥満

体質や体型、遺伝なども高血圧原因となる要素のひとつです。また、一般的に言われているように、年齢を重ねるほど高血圧のリスクも高まってきます。年齢や遺伝には抗えませんが、それらひとつの要因が高血圧症に直結するわけではありません。

年齢

人の身体は老化により動脈硬化になりやすく、また、その他の要因も引き起こしやすい為、高齢者の方ほど血圧について注意しなければいけません。

肥満

コレステロールの過剰は動脈硬化、血液粘度の上昇を起こしやすいです。運動も不足気味になりやすいので、メタボリックシンドロームには気をつけましょう。

遺伝的要因

遺伝により高血圧になりやすい体質の方もいます。但し、特定の遺伝子が血圧上昇に直結しているのではなく、他の原因と合わせた場合に起こりやすいということです。

ページ先頭

高血圧
血圧の仕組み | 高血圧とは | 高血圧の原因 | 肥満とメタボリックシンドローム | 高血圧を放っておくと・・ | 高血圧の検診・検査
食生活の改善 | 血圧を調整する栄養素 | 適度な運動と生活改善 | 高血圧の薬について
妊娠高血圧症候群 | 血圧検査について | 意外と知らない緑茶パワー | 塩分で高血圧になるメカニズム