高血圧

高血圧とは

高血圧とひとことに言っても、その要因となるものや、血圧の数値によるリスクの大きさなどによって分けることができます。高血圧症は糖尿病などともならんで、おそろしい生活習慣病のひとつです。どの程度の最高血圧、最低血圧が標準値で、どこまで高ければ危険な範囲なのかを知り、注意することが大切です。

高血圧の種類

高血圧の分類

高血圧には、その原因で分類して、本態性高血圧と二次性高血圧とに分けられます。一般的に高血圧と呼ばれているものの9割以上はこの本態性にあたるもので、検査で二次性の疑いが無い場合に本態性とみなされます。

本態性高血圧

本態性高血圧(ほんたいせい)とは、特別な原因が不明確な高血圧症のことです。本態性は因果関係が不明瞭で生活習慣などの要因から起こると考えられており、明確な原因により起こるのが二次性となります。塩分過多やアルコールの過剰摂取、喫煙、肥満、ストレスなどのライフスタイルや、遺伝的要素など、様々な原因が合わせられて起こる生活習慣病と考えられます。

二次性高血圧

二次性高血圧(にじせい)とは、他の疾患によって引き起こされていることが明らかな高血圧のことです。原因となるそれぞれの疾患に応じた治療を行なうことで、完治する可能性もあります。二次性の原因となる疾患には、腎実質性高血圧、腎血管性高血圧、妊娠高血圧症候群、褐色細胞腫、大動脈炎症候群、大動脈縮窄症、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、睡眠時無呼吸症候群、などがあります。

高血圧の基準

一般的に最高血圧が140mmHg以上、もしくは最低血圧が90mmHg以上の場合、高血圧という診断がされます。但し、最高/最低血圧が130/85mmHg以上でも血圧が高い傾向がありますので油断はできません。また、家庭での測定は最高血圧が135mmHg以上、または最低血圧が85mmHg以上が高血圧の目安とされています。

高血圧基準

仮面高血圧にご注意

仮面高血圧

仮面高血圧とは、普段は血圧が高いにも関わらず、診療所で医師により血圧値を測定すると正常数値となることです。実際は高血圧ですが、病院では正常数値なので血圧に問題が無いと判断されてしまう可能性もあり、隠された高血圧症ということで仮面高血圧と呼ばれています。仮面高血圧の特定には、外来血圧の他に家庭血圧の測定が重要となってきます。血圧は食事後や入浴後などで上昇する場合もありますので、適切な家庭血圧の測定を行ないましょう。

仮面高血圧が現れやすい人は、仕事のストレスが多い人や喫煙をする人です。普段はストレスにさらされて血圧が高く、また、喫煙による血圧上昇もあり、日中は高血圧状態ですが、外来診療では、仕事から解放されてリラックスし、また、禁煙のため血圧が低下するという状況が考えられます。

また、夜間から早朝にかけて、本来、血圧が下がっていなければいけないときに高血圧状態になる「早朝高血圧」にも注意が必要です。この場合、降圧薬の服用方法により、外来血圧を測るときには薬が効いていて、早朝、効果が薄れて高血圧となっている可能性があります。

白衣高血圧とは

白衣高血圧

白衣高血圧とは、仮面高血圧とは逆に、家庭血圧は正常値ですが、外来血圧が高い状態のことです。その原因は診療のときに緊張をしてしまい、血圧が上昇することと考えられています。実際は正常血圧なので日常生活に問題ないのですが、白衣高血圧は将来、高血圧になる可能性が高いとも言われており、過程測定などで正しい血圧を把握することはもちろんのこと、前もって生活改善を行なっていくことが勧められます。

ページ先頭

高血圧
血圧の仕組み | 高血圧とは | 高血圧の原因 | 肥満とメタボリックシンドローム | 高血圧を放っておくと・・ | 高血圧の検診・検査
食生活の改善 | 血圧を調整する栄養素 | 適度な運動と生活改善 | 高血圧の薬について
妊娠高血圧症候群 | 血圧検査について | 意外と知らない緑茶パワー | 塩分で高血圧になるメカニズム